Q.学校説明会や見学会でチェックしておくべきポイントは?<コパック>

コパック:神奈川県横浜市

中学受験を前に誰もが抱えるお悩みについて、中学受験塾で定評のあるコパックの先生にお話しを伺いました。

A.まずは親だけで参加し、しっかりと教育方針の確認を。

第一に確認すべきは学校の教育方針

説明会には、まず保護者のみで参加し、冒頭で校長の口からどのようなことが語られるかに注目してみてください。その学校の前年度のトピックが取り上げられることが多いですし、子どもに対してどのようなまなざしを向けて教育を行っているのかを肌で感じることができます。

この段階ではオンライン説明会を効率的に活用するのもおすすめです。学校の特長であるカリキュラムや部活動、進学率など、各家庭で優先したい項目もチェックすべきですが、まずは6年間通う学校と家庭の教育方針が合っているかを確認しましょう。

説明会などに参加する際は、その対象者の確認もしっかりと。保護者向け、親子向け、受験生に直接語りかけるものなど、さまざまです。

個別見学で日常の学校生活もチェック

志望校が絞り込めたら、子どもにその学校の魅力を伝えることが肝心です。子どもと見学会に参加するのもよいでしょう。受付から校内施設まで、実際に出向いたからこそ感じる印象は非常に大切です。

ただし、通常の学校生活とは雰囲気が異なる授業体験や行事見学は、あくまでも「イベントに参加する」姿勢で臨むこと。日常の雰囲気を子どもに見せる機会を作ることも必要です。通常授業の見学などを個別で行っている学校もたくさんありますので、アポイントをとって出かけたり、通学時間やルートの確認を兼ねて、平日の下校時間に学校を訪れたりするのがおすすめです。可能であれば、下校中の生徒に学校について聞いてみるのもいいかもしれません。

わが子の成長を託す学校親主体で厳選すべき

わが子をどう育てるか、その一環として中学受験を決めるわけですから、あくまでも志望校選びの主体は親であるべきです。志望校が決定したら、わが子の個性を伸ばし、将来を託すことができる学校かを見極めるために、まずは保護者が学校説明会や見学会に参加しましょう。

志望校選びや絞り込みに苦戦する場合は、塾に相談しましょう。2~3カ月ほど通塾すれば、その子の個性が見えてきます。長く中学受験生を指導し、中高一貫校を知り尽くしている塾なら、その子に合った学校をアドバイスしてくれるでしょう。


掲載されている、 ビタミンママ本Vol.94「いま、中学受験が増えている理由」好評発売中!
中学受験 Vol94 ビタミンママ 本※画像をクリック(タップ)すると詳細ページに飛びます

中学受験塾一覧

横浜・川崎エリアでの中学受験塾選び 中学受験率の高い横浜・川崎エリアを中心とした中学受験塾一覧で掲載。「塾名から探す」一覧の画像表示の塾は、基本情報はもちろん取材コンテンツも紹介しています。 場所から探す 地図を画面上で移動してご覧に[…]

お話を伺ったのは

代表 工藤十三郎 先生